イラストレーター森本レオリオの仕事(テレビ番組のイラストレーター)

テレビ/TV番組のイラストレーター森本レオリオの仕事を紹介するところです

無印良品を見て回る錦鯉の長谷川さん イラスト

無印良品を見て回る錦鯉の長谷川さん イラスト

無印良品を見て回る錦鯉の長谷川さん イラスト

 

無印良品を見て回る錦鯉の長谷川さん イラスト

錦鯉(にしきごい)は、ソニー・ミュージックアーティスツ(SMA NEET Project)及び漫才協会に所属する長谷川雅紀と渡辺隆からなる日本のお笑いコンビ。2012年結成。M-1グランプリ2021王者。

長谷川 雅紀(はせがわ まさのり、1971年〈昭和46年〉7月30日 - )(52歳)
ボケ担当、立ち位置は向かって左。
北海道札幌市白石区出身。

タカアンドトシとは吉本興業札幌支社1期出身同士の同期で親交が深く、特にトシ(タカアンドトシ)には過去数十万円単位の借金をしていた。2人からは「ハセ」と呼ばれている。高校時代からの友人だった久保田昌樹とコンビ『まさまさきのり』を組み(その後『マッサジル』に改名)、解散後は2001年10月から2002年12月まで『夕方Don!Don!』金曜特大号(北海道テレビ)のレギュラーリポーターとして、生中継やロケをする「週末はいただき! ハセガワフライデー」→「長谷川雅紀のフライデー珍道中」のコーナーを1年ほど担当。上京後に現在の事務所へ所属する。
マッサジル解散後はピン芸人『のりのりまさのり』を経て、渡辺と現在のコンビを結成。

 

年を取る毎に奥歯が1本ずつ抜け落ちた結果、奥歯はすべて抜け落ちてしまい食べ物を噛むこともままならないため、丸呑みしている[15][16]。信号機の明かりや月明かりで髭を剃るなど数々の貧乏逸話を持つが、テレビ番組の貧乏芸人No.1オーディションには交通費がなく出演を断念した。

 

M-1グランプリ優勝前までは家賃5万円のアパートに約9年間住んでいたが、優勝を機に引っ越し、現在家賃27万円のところに住んでいる。
2022年8月に、市制100周年を迎える札幌市で、市制100周年事業のPRアンバサダーに就任した。

 

似顔絵プロ/森本レオリオ

https://www.nigaoepro.net/

 

無印良品は株式会社良品計画のブランド

衣料品、雑貨、食品、家具などを販売する「無印良品」および無印良品のオンラインストア運営のほか、家具・インテリア雑貨を専門に取り扱うIDÉEの展開、新潟県・岐阜県・群馬県でのキャンプ場の運営、株式会社 MUJI HOUSEを通じた住宅の施工および販売、二次流通市場における事業、まちづくりに関する事業、金融・投資に関する事業、教育に関する事業などを手掛けている。

シンプルで安価だったブランドが、時間とともにデザイン性を高め、それに伴って価格も上昇するというのは、そのブランドの成長や変化を反映しています。この変化によって、ブランドのイメージや位置付けが変わり、新たな顧客層や市場にアピールすることができるかもしれません。ただし、価格上昇によって一部の顧客が離れる可能性もあるので、ブランドはバランスを保ちながら成長を図る必要があります。

 

テレビ番組・広告のイラストレーター森本レオリオ このホームページにつきまして

www.leolio.com

 

 

 

無印良品を見て回る錦鯉の長谷川さん イラスト

イラストレーター 森本レオリオ

テレビ番組/状況説明イラスト/シチュエーションイラスト